キヤノンは副業禁止?就業規則やメリットデメリットを解説!

    企業の副業解禁が大きなムーブメントになっている昨今、「どのような会社が副業を解禁しているか」ということに、興味を持っている人もいるでしょう。

    そうして副業解禁の事例を調べるとき、多くの人が真っ先に名前を目にする会社の一つがキヤノンです。

    キヤノンの名前が上がるのを見て、キヤノンはどのような副業解禁の取り組みをしているのかという点に興味を持つ人も多いでしょう。

    あるいは、これからキヤノンに入社しようとしている人が、同社の副業事情に興味を持つということもあるかと思います。

    この記事では、上記の疑問に答えながら、キヤノンの社員さんにおすすめの副業なども、合わせて紹介していきます。

    読んでいただくことで、キヤノンの副業事情や稼ぎやすい副業について、理解を深めることができるでしょう。

    結論から言うと

    • キヤノンは、2009年4月9日時点で、副業を容認している。
    • もちろん、容認しているからと言って、本業に支障をきたしてしまっては本末転倒なので注意が必要。
    • キャノン社員が副業を始める際のポイントは「手軽さ・作業時間・稼げる額」の3つ
    • 特に、作業時間が自由な副業でないと、なかなか稼げないので「スマホ副業」のような副業がおすすめ。
    • 当サイト「副業オタクおすすめの副業はこちらの記事で紹介しているのでチェックしてみよう。
    副業BLOG   →副業オタクおすすめのスマホ副業はこちら

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    キヤノンは副業をしていい?

    キヤノンは副業をしていい?

    キヤノンは2009年から副業を容認しています。

    これは下の資料でわかります。

    業務に支障がないことを条件としているのはキヤノン、ブリヂストン、デンソー、花王。
    (中略)
    10社のうち日産自動車、三菱自動車、富士通、東芝の4社は最近の業績悪化に伴って容認した。残り6社は現行の就業規則でも副業は可能と説明した。

    製造大手10社が副業容認 日産、富士通、花王など(共同通信)

    ※上記の記事が存在していたことは確かで、URLもわかっていますが、現在は削除されているようです。

    何はともあれ、この共同通信の記述で下のことがわかります。

    • 2009年4月9日時点で、キヤノンは副業を容認していた
    • 新しくルールを作ったわけではな
    • その時点の「現行のルールで副業可能」だった

    つまり「業務に支障がない」という前提であれば、キヤノンはルールを改善するまでもなく、そのままのルールで副業が可能だったということですね。

    つまり「解禁」というよりは、「容認」という表現が近いでしょう。

    容認という形ですが、2009年というかなり昔から、キヤノンでは副業が許可されていたことがわかります。

    キヤノン社員が副業をするメリット

    キヤノン社員が副業をするメリット

    キヤノン社員が副業をするメリットは多くあります。

    ここでは、それらのメリットを解説していきます。

    新しいスキルが身につく

    まず、副業をすることで新しいスキルが身につきます。

    キヤノンの仕事であれば、当然日常業務もレベルの高いものであり、身につくスキルもハイレベルなものになるでしょう。

    しかし、やはり仕事によって「獲得できるスキルの種類」は異なります。

    違う仕事をすることで、違う種類のスキルを獲得できるようになるでしょう。

    人脈が広がる

    副業をすれば人脈が広がります。

    特にキヤノン社員という肩書や経歴であれば、同じようにレベルの高いビジネスマンの方々とも出会いやすいでしょう。

    クラウドソーシングを利用するにしても、スポットコンサルなどのサービスを利用するにしても、そこで獲得できる人脈は貴重なものになるはずです。

    もちろんTwitterやFacebookなどのSNSから人脈を広げるというのもいいでしょう。

    どのような形にしても、副業を通して人脈が広がるというのが大きなメリットの一つといえます。

    キヤノン社員が副業をするデメリット

    キヤノン社員が副業をするデメリット

    キヤノンの社員さんが副業をすることにもデメリットはやはりあります。

    それらのデメリットの中でも主だったものを解説していきます。

    本業に支障が出る恐れがある

    これはキヤノンでの副業に限った話ではありませんが、副業が忙しくなれば本業に支障が出る可能性があります。

    キヤノンが副業を容認する条件も「本業に支障がない範囲」というものです。

    そのため、本業に支障が出ることは「デメリット」を通り越して、そもそも副業が許可されなくなってしまいます。

    この点でも、キヤノンの社員さんが副業をするのであれば、他の企業以上に、本業に支障が出ないようにする必要があります。

    なお、本業に支障が出にくい会社員向けのお仕事は、「サラリーマンの副業」のページで詳しく紹介しています。

    キヤノンの収入の方がいいことが多い

    キヤノンは日本を代表する大企業ということもあり、平均年収が非常に高い企業です。

    そのため、副業を始めたものの、本業のキヤノンの収入ほど稼げないということも多くあるでしょう。

    もちろん、収入のために副業をするのでなければ、それでも全く問題はないはずです。

    しかし、収入を増やすために副業をするのであれば、やはりできるだけ稼げるお仕事をしたい、と思うのではないかと思います。

    そのように稼ぎやすい副業は下のサイトでまとめて紹介しています。

    いずれもスマホ1台でできる、隙間時間でできるなどの好条件のお仕事なので、ぜひ詳しい情報をリンク先で確認していただけたらと思います。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    キヤノン社員におすすめの副業5選

    キヤノン社員におすすめの副業

    キヤノンの社員さんにおすすめできる副業は多数あります。

    それらの副業の中でも特におすすめなものを5つ紹介していきます。

    ここにある中に自分に合う副業がない時は、他の副業も参考にしてみましょう。

    おすすめの副業はこちらの記事でたくさん紹介しているので、合わせてご一読ください。

    スマホdeマネー

    スマホdeマネー

    スマホdeマネーは、スマホ1台でできる作業で月収100万円も狙えるというビジネスです。

    画面をタップするだけの単純作業なので誰でも取り組むことができ、場所や時間を選ばずに作業できます。

    始め方は簡単で、LINEの公式アカウントを友だち追加するのみです。

    完全無料で始めることができ、タブレットやパソコンなどの端末も利用可能なので、ぜひ下の公式ページで詳細を確認してみてください。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    プチ起業

    プチ起業

    プチ起業は、特に将来的に起業をしたいと考えている人におすすめの副業です。

    「自分だけの独占市場をつくる仕組み」によって稼ぐもので、いわゆるブルーオーシャン戦略といえます。

    • ゴールデンウィーク
    • お盆休み
    • 海外旅行中
    • 通勤時間
    • レジの待ち時間

    上記のような、あらゆる隙間時間・シチュエーションで取り組めることが明記されています。

    期間限定でノウハウの一部が無料提供されているため、そのようなキャンペーンを見つけたら、ぜひノウハウを受け取るようにしてください。

    株式投資

    SBI証券

    株式投資は、上の画像のSBI証券などの証券会社で口座開設をして行います。

    キヤノンの社員さんの場合、キヤノンや関連会社の株は買うことができません。

    言うまでもなくインサイダー取引になるためですが、競合他社などの株は買えます。

    競合他社についても、業界内にいれば株価に関係する貴重な情報が入って来るということもあるでしょう。

    インサイダーにならない範囲であれば、こうした情報をうまく活かして、株式投資でも結果を出すことができます。

    なお、株式投資については「株の裏技」のページでも、詳しくテクニックを解説しています。

    プログラミング

    テックキャンプ

    プログラミングは、現在特に副業で需要のある分野です。

    AIで奪われる仕事が多いとされていますが、そのAIを動かすのがプログラマーであるためです。

    もちろん、AI以外の分野でも仕事を省力化するために、プログラミングのスキルが有効です。

    未経験からプログラミングを修得して月収100万円を超えたという人も多くいます。

    そのため、今転職市場ではプログラミングが熱い分野となっており、プログラミングスクールも多数設立されています。

    キヤノンの社員さんであればプログラミングができる、あるいはすぐ修得できるという人も多いでしょう。

    そのため、特にキヤノンでの副業として、プログラミングはおすすめのビジネスといえます。

    スポットコンサル

    ビザスク

    スポットコンサルは、1時間などの短時間で単発のコンサルティングを行う副業です。

    上の画像のビザスクやタイムチケットなどのサービスが特に代表的なものです。

    キヤノンの社員さんであれば、ITやメカニック、マーケティングなどの分野で経験や知見を必要とされることが多いでしょう。

    このため、スポットコンサルの副業でもかなりの需要があると期待できます。

    本業でプラスになる人脈も見つかりやすく一石二鳥といえるでしょう。

    場合によっては、そのままヘッドハンティングされて、キヤノン以上に好条件の仕事への転職をできるという可能性もあります。

    キヤノン以外で副業を解禁している会社

    キヤノン以外で副業を解禁している会社

    キヤノン以外でも、副業を解禁している会社は多くあります。

    ここではそれらの会社の中でも特に有名な3社を紹介していきます。

    サイボウズ

    サイボウズ

    サイボウズは日本で特に積極的に副業を解禁している会社です。

    社長室長を務める執行役員の方に、社長が自ら副業を勧めるというほどです。

    この執行役員の男性は良い意味で「典型的なエリート」だったため、新しいステージに上がってもらうために、社長があえて副業を提案されたということです。

    社長がイメージしていたとおり、サイボウズの外で働き始めたことで、その役員の方の視野も広がり、もともと優秀だった方のスケールがさらに大きくなったようです。

    他にもNPO法人を運営しつつ、農業もしながらサイボウズに勤務されているという方など、非常に多様な人材が在籍しています。

    働き方改革について、特に日本でも先端を行っている企業といえるでしょう。

    ヤフー

    LODGE

    ヤフーは創業時の1996年から副業を解禁しています。

    そのため、副業の分野でも高い実績を残している社員さんが多くみえます。

    • ランサーズの「ランサーオブザイヤー2017」を受賞したデザイナーさん
    • iPadマジシャンとして世界的に有名な方

    といった具合です。

    ただ「副業をしている」というだけでなく、それぞれの副業の分野でもトップレベルの実績を残されているわけですね。

    その他にも、ヤフーは下記のような働き方改革の取り組みを実践しています。

    • どこでもオフィス
    • 社内コワーキングスペース
    • 週休3日制

    多くの人が反応するのは「週休3日」でしょうが、ユニークなのは社内コワーキングスペースです。

    というのは、このコワーキングスペースやヤフーの本社内にあるので、誰でもヤフーの中に入れるわけですね。

    利用している人は半分程度がヤフーの社員さんで、その人の仕事内容によっては新しいビジネス上の出会いが生まれる可能性もあります。

    週休3日制については、下記のように限定された条件で認められています。

    • 小学生以下の子供がいて同居している
    • 家族の介護や看護が必要である

    こうした条件つきではあるものの、他の会社ではこれらの条件でも週休3日にはならないため、これだけでもヤフーの働き方は好条件といえます。

    「どこでもオフィス」は、文字通りカフェやコワーキングスペース、自宅などどこでも働けるというものです。

    月に5日はどこでもオフィスで勤務可能であり、育児や介護、自己研鑽などとの両立がしやすくなっています。

    サイバーエージェント

    サイバーエージェント

    サイバーエージェントも副業解禁について特に積極的に取り組んでいる大企業の一つです。

    有名なのはCycle(さいくる)という、グループ内副業のシステムです。

    これは、サイバーエージェントのグループ内の別の会社で、自由に副業をしていいというものです。

    条件がありエンジニア・プログラマー・クリエイターなどの技術職に限定されるというルールになっています。

    しかし、もともとサイバーエージェント自体が副業を許可しているので、他の業種でもCycle以外での副業はできます。

    • グループ内副業は技術職でないとできない
    • しかし、他の会社での副業なら、どの職種でもできる

    ということですね。

    副業が許可されるルールについては、会社に迷惑をかけないということだけです。

    この点はサイボウズやキヤノンなど、他の大企業とも共通しています。

    Cycleは、クラウドソーシングのような「マッチング用サイト」も制作されており、グループ内の副業といっても、非常に大規模なシステムです。

    このような環境なので、サイバーエージェントもキヤノンと同じく、副業をしやすい大企業の1社と評価されています。

    キヤノン社員が副業をする際の注意点

    キャノン社員が副業をする際の注意点

    キヤノンの社員さんが副業をする際にも、注意すべき点は多くあります。

    ここでは、それらの注意点の主だったものを説明していきます。

    確定申告は基本的に自分で行う

    副業の種類にもよりますが、ほとんどの副業は自分で確定申告を行う必要があります。

    自分で確定申告をする必要がないのは、副業先で給与所得をもらうというケースです。

    給与所得以外の、以下の所得の場合は確定申告が必要です。

    • 事業所得
    • 雑所得

    それぞれの副業の収入がどの所得になるかは、仕事内容によります。

    たとえば仮想通貨投資の利益は雑所得に分類されます。

    他にも不動産所得や農業所得など、所得の種類によって複雑なルールがあるため、迷ったら税理士などの専門家に相談しましょう。

    オンラインサロン・noteは警戒する

    キヤノンの社員さんであれば、情報商材や高額塾に騙されるということはないでしょう。

    しかし、最近流行りのオンラインサロンやnoteのコンテンツに騙されるということは十分にあり得ます。

    これらはクリーンで役立つものもあるのですが、そうでない「昔の情報商材や高額塾そのもの」というケースもあります。

    そのようなものに時間とお金をムダにつぎ込むことがないように注意してください。

    そして、そのような心配のない安心できる副業、高確率で稼げる副業は下のサイトでまとめています。

    いずれも当サイト「副業オタク」一押しのビジネスなので、ぜひリンク先で詳細をチェックしていただければと思います。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    【まとめ】キヤノン社員は副業をできる?

    【まとめ】キヤノン社員は副業をできる?

    キヤノンの社員さんも、ここまで書いたとおり副業をできます。

    そして、副業をする目的が収入であれば、より稼ぎやすいビジネスに取り組むのがいいでしょう。

    副業の中でも特に稼ぎやすいものは、下のサイトでまとめています。

    いずれも当サイト「副業オタク」一押しのビジネスなので、ぜひリンク先で詳細をチェックしていただければと思います。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *