【2020年版】おすすめのネットビジネスランキング10選!

    ネットビジネスおすすめランキング10選!一押しのものだけ厳選しました!

    「ネットビジネスは稼ぎやすいらしい」「自分もネットビジネスをやってみたい」と思っている人は多いでしょう。

    そのように思ったとき、多くの人が知りたいのは「どのネットビジネスがおすすめなのか」という点かと思います。

    この時点ではその疑問に答えて「おすすめのネットビジネス10種類」を紹介していきます。

    また、合わせてネットビジネスの選び方のポイントも解説します。

    読んでいただくことで、より安全かつ稼ぎやすいネットビジネスを見つけられるようになるでしょう。

    この記事を読んで分かること

    • おすすめのネットビジネス比較表
    • 稼ぎやすいネットビジネスの選び方
    • おすすめのネットビジネス10選

    先に結論を書くと、当サイトがもっともおすすめするネットビジネスは下のサイトでまとめています。

    いずれもスマホ1台、1日5分からなどの条件で稼げるものです。

    月収100万円以上を稼げるビジネスもあるため、ネットビジネスに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    おすすめのネットビジネス比較表

    おすすめのネットビジネス比較表

    まず、今回紹介する10種類のネットビジネスを一覧で比較します。

    それぞれの稼ぎやすさと簡単さを星でまとめたものです。

    種類稼げる度簡単度
    スマホdeマネー⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
    Everyday⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
    アフィリエイト⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
    転売⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
    せどり⭐⭐⭐⭐⭐⭐
    情報商材販売⭐⭐⭐⭐⭐
    ポイントサイト⭐⭐⭐⭐
    note販売⭐⭐⭐⭐
    クラウドソーシング⭐⭐⭐
    仮想通貨投資⭐⭐

    それぞれのネットビジネスについては「10選」の段落で詳しく紹介していきます。

    稼ぎやすいネットビジネスの選び方

    稼ぎやすいネットビジネスの選び方

    まず多くの人が知るべきことは「ネットビジネスの選び方」です。

    この記事ではどのようなポイントに着目して稼げるネットビジネスを選ぶべきかを説明していきます。

    新しいノウハウを選ぶ

    ネットビジネスは「ノウハウ勝負」というものが多くあります。

    • 長期間は稼げない
    • しかし、数年間はその裏技で稼げる

    というものです。

    このような逃げ切り系のネットビジネスでは、新しいノウハウを利用することが必須です。

    古くなり、ノウハウが知れ渡っているものは飽和状態になっており稼げません。

    あくまでノウハウ勝負のネットビジネスを選ぶ場合に限られますが、そのときは新しさで選ぶと考えてください。

    口コミや評判がいいものを選ぶ

    そのネットビジネスの口コミや評判をSNSなどで調べ、世間の評価が高いかどうかを調べます。

    たとえば、クラウドソーシングの2大サービスのランサーズ・クラウドワークスは東証に上場しているということで、世間の評価は極めて高いといえます。

    (東証が上場を認めたこと自体が、社会的信用の証といえます)

    ここで重要なことは特にネットビジネスは「怪しい」と言われているほど有利という部分もあるということです。

    たとえばYouTuberのヒカキンさんは「YouTuberなんて胡散臭い」と言われている時代からトップに立っていたことで、今の地位を築くことができました。

    同じようなことが、普通のネットビジネスでもいえます。

    そのため、基本的には評判をチェックすべきですが「自身で判断して大丈夫だと感じた」場合はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

    高い初期費用がかかるものは避ける

    ネットビジネスだけでなく、昔からある副業詐欺の手口で「高い初期費用がかかる」というものがあります。

    • うちの在宅ワークのシステムなら、すぐに100万円分の仕事は発注できる
    • しかし、システムの登録料として数十万円かかる

    という内容の勧誘です。

    当然ですが現代ではシステムに登録するだけで数十万円もかかるということはあり得ません。

    1万円や2万円までならともかく、それ以上の初期費用がかかるのは「高すぎる」といえます。

    このため、初期費用が高いネットビジネスは基本的にやらないようにしましょう。

    (もちろん、転売で仕入れに費用がかかるなどのケースは別です)

    ネットビジネスを選ぶときのポイントは上記のものですが「これらの条件に合った良いネットビジネスを知りたい」という人も多いでしょう。

    そのように優良なネットビジネスは、下のサイトでまとめています。

    いずれも当サイト一押しのネットビジネスなので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    おすすめのネットビジネス10選

    おすすめのネットビジネス10選

    最初に比較表で紹介したとおり、当記事で特におすすめするネットビジネスは10種類あります。

    ここでは、それらのネットビジネスの詳しい解説をしていきます。

    おすすめのネット副業はこちらの記事でもたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。

    スマホdeマネー

    スマホdeマネー

    スマホdeマネーはスマートフォン1台でできる作業によって稼げるネットビジネスです。

    画面をタップするだけの単純作業なので、誰でも取り組むことができます。

    簡単な仕事内容でありながら、月収100万円以上も狙えるというのが魅力です。

    LINEから友だち登録するだけで無料でスタートできるという点で、始めやすいのも特徴といえます。

    公式サイトを見ると、スマホdeマネーのビジネスを実践して、実際に稼げるようになった方々の体験談が多く見られます。

    体験談の内容や詳しい作業内容などは、下の公式サイトでご覧いただけたらと思います。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    Everyday

    Everyday

    Everydayは即日収益を得られる人の割合が特に高いネットビジネスです。

    特に短期間で日給1万円を稼げるようになる人が多いのが特徴です。

    さらに継続して月収30万円を稼ぐ人も多く登場しているため、本業と並ぶ副収入を稼ぐ手段としておすすめできます。

    1円でも稼げなければ全額返金、という保証があるのもEverydayの強み。

    Everydayのノウハウを実践しても結果が出なかった場合、Everydayがあなたのコンテンツを買い取りしてくれます。

    買取の具体例は、たとえば動画1本あたり最大5万円などです。

    このような保証もついているため「ネットビジネスは怪しくて不安…」という人でも安心できます。

    また、Everydayはせどりやアフィリエイト、Instagramなど、他の副業でつまずいた人にもおすすめです。

    公式サイトで、これらの副業で失敗した人でも安心ということが明記されています。

    • 隙間時間で取り組める
    • 簡単操作でできる
    • 場所を選ばない
    • 集客も不要

    上記のように多くのメリットがあるネットビジネスのため、多数の人におすすめできます。

    Everydayの詳しい内容については、下の公式ホームページをご覧いただけたらと思います。

    \即日稼げる!/

    Everydayを
    今すぐ確認する!

    アフィリエイト

    ワードプラス

    アフィリエイトは大別して下の2通りの方法で稼ぎます。

    • 特定の商品を宣伝する:ASP
    • 商品の宣伝をしない:Googleアドセンス

    一般的に初心者向けとされるのはGoogleアドセンスの方で、理由は下のとおりです。

    • Googleの広告を貼るだけ
    • 特定の商品やサービスの宣伝をしなくていい
    • Googleが訪問者にマッチした広告を自動表示してくれる
    • だから「普通に記事を書くだけ」でいい

    ということです。

    いわゆる雑記ブログ(テーマが決まっていない何でもありのブログ)でもGoogleアドセンスなら稼ぎやすいということですね。

    アフィリエイトではアクセスが集まるサイトやブログを作る必要があります。

    そして、それをしやすくするツールがWordPlus(ワードプラス)です。

    WordPlusでは、初期設定として下のサービスが提供されています。

    • 独自ドメインの取得
    • レンタルサーバーの提供
    • CMSインストール

    独自ドメインとは「.comや.jp」などのアドレスです。

    レンタルサーバーとは「ファイル置き場」です。

    ホームページの画像や文章などは一つのファイルですが、これを置く場所があるからデータを保管できます。

    そのサーバーもWordPlusが提供してくれるということです。

    最後のCMSとは、主にWordPressなどのブログシステムを指します。

    ブログシステムは、無料ブログなら最初からインストールされています。

    しかし、自分でブログを立ち上げる場合は、自分でインストールしなければならないのです。

    この作業をできない人が多いのですが、それもWordPlusが代行してくれるということですね。

    (ここまでの内容で「WordPlus」と「WordPress」が似ていて紛らわしいかもしれませんが、混同しないようにしてください)

    こうした初期設定のサービスに加えて、WordPlusでは下のような定期サービスも提供されています。

    画像・バナー作成1カ月5点まで
    記事更新1日3記事まで
    デザイン修正記事内html・CSS

    画像やバナーの作成については、プロのデザイナーが作業してくれます。

    通常は1点あたり数千円はかかるので、1カ月5点だと1万5000円程度かかるものです。

    WordPlusは月額1万円で利用できますが、このデザインサービスだけでも十分に価格を上回る価値があるといえます。

    さらに、記事更新については「スマホからメールで記事を送信するだけ」で、更新作業を代行してくれます。

    このため、パソコンを持っていない、あるいは使えないという場合でも、ブログやサイトを更新できるのです。

    このように初心者でもアフィリエイトで成功しやすいサービスなので、ぜひ下のWordPlus公式サイトで詳細を確認してみてください。

    \簡単にサイトを作れる!/

    WordPlusを
    今すぐ確認する!

    転売

    ジモティー

    転売は、安く手に入る品物を高く売るものです。

    • ネットオークション
    • フリマアプリ
    • ネットショップ

    大別すると上の3通りの方法があります。

    そして、ネットオークションの一つとして使えるサイトが上の画像のジモティーです。

    ジモティーは無料で品物をやり取りするというイメージがあるかもしれません。

    確かに「無料であげる」ものも多いのですが、有料で売るものも多くなっています。

    ヤフオクやモバオクでなくジモティーを使うメリットは下のとおりです。

    • 売り手と買い手の住んでいるエリアが近い
    • そのため送料が安いか、かからない
    • 「品物はいいけど送料がかかる」というのもを売るのにおすすめ

    ということです。

    たとえばキャットタワーのように大型のものを売るとします。

    品物自体は5000円でも、送料が5000円程度かかるというのはごく普通です。

    そのため「送料さえなければ欲しい」という人が多く出るわけです。

    このようなケースでも、ジモティーなら下のような方法をとれます。

    出品者無料で県内に輸送するサービスをつける
    購入者自分から車で引き取りに行く

    このように、出品者と購入者の両方が「送料を無料にするための工夫をできる」わけですね。

    これは基本的にヤフオクなどではできません。

    「引き取りに行きます」「渡しに行きます」などというと警戒されるためです。

    しかし、ジモティーはもともとそれが普通(無料なので)であり、こうしたやり取りを自然にできるわけですね。

    そのため、特に送料がかかるアイテムの転売では、ジモティーが役立ちます。

    送料がさほどかからない商品については、ヤフオクやモバオク、メルカリやラクマなどを利用するのがいいでしょう。

    せどり

    Amazon

    せどりは転売の一種ですが、主に古本やDVDを転売します。

    一番メジャーなのは古本のせどりで、ブックオフなどで売れる本を探します。

    「ブックオフはせどりが禁止された」と一部で言われていますが、すべての店舗で禁止されたわけではありません。

    一部店舗では禁止されていますが、全体では許可されています。

    ただし、バーコードを読み取る機械を使うビームせどりと呼ばれる手法はNGです。

    「明らかに変なことをしている人がいる」と、周りのお客さんから思われるような行為はNGということです。

    そうでなく普通に古本を買っていくだけなら「ただのお客さん」なので、ブックオフとしても歓迎なのです。

    そのため、現在でもブックオフでのせどりはできます。

    しかし、残念ながらライバルが大量にいるため、今のブックオフでのせどりはほとんど利益が期待できません。

    ブックオフに限らず、基本的に古本はプレイヤーが多く飽和状態であるため、稼ぐのは難しいといえます。

    DVDなどは、廃盤になった作品などのお宝ものを仕入れれば、利益が出る可能性もあります。

    モノレートなどのツールを使って、売れ筋の商品を探すのが一般的です。

    仕入れ資金も必要であり、決して楽な仕事ではありませんが、物を扱う仕事に興味がある人は、せどりにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

    情報商材販売

    Brain

    情報商材販売は、上の画像のBrain(ブレイン)などのサイトを利用して行います。

    以前はインフォトップというサイトがメインでしたが、今はインフォトップはやや廃れ気味です。

    ビジネス系インフルエンサーの方々など、情報商材を売る能力が高い方々は、今ではBrainに集中しています。

    一時期はnoteに集まっていたイメージがありますが、Brainが登場してからはこちらが強くなっています。

    ただ、情報商材販売で強いということは、世間的にはダーティなイメージがあるということです。

    実際、ねとらぼでも「クソ撒き散らしシステム」との批判もという記事タイトルで報道されています。

    イメージが悪くなるため実名や顔写真を出すことはおすすめできませんが、あえてそれをやって優位に立つという手段もあるでしょう。

    「イメージよりも利益を優先したい」という人におすすめのネットビジネスです。

    ポイントサイト

    ポトラ

    ポイントサイトは、上の画像のポトラなどがあります。

    ポトラはNTTグループが運営しているサイトであり、信用できるサービスです。

    ポイントサイトでは、下のようなアクションによってポイントを貯めます。

    • アンケート回答
    • ショッピング
    • サービス利用
    • ゲーム

    ショッピングについては、例えばポトラでは下のような案件があります(2020年5月24日時点)。

    • 楽天トラベルの利用
    • SoftBank Airの契約
    • ゴルフ雑誌の購読
    • ピザハットの注文
    • AbemaTVのプレミアム契約

    このようなショッピングの中で、自分がもともと利用したいものがあれば、その買い物のついでにポイントをもらえるということです。

    また、ポイントを多くもらえるものとしては、クレジットカードの新規発行や銀行口座の開設などがあります。

    たとえばこの記事の執筆時点では下のような案件があります。

    セブンカード・プラス4500円
    JRAカード2万円
    ライフカード・スタイリッシュ7500円
    ビックカメラSuicaカード1万円
    ジャックス・リーダーズカード1万2500円

    このように、5000円前後から2万円程度の案件が、クレジットカードの発行で多数あります。

    クレジットカードは発行できる枚数に限りがありますが、現時点であまり保有していない人なら有利でしょう。

    こうした方法で、初月から数万円稼ぐことは可能です。

    ただ、継続的に稼ぐのは難しいので、その後はあくまで「買い物ついでのお小遣い稼ぐ」と割り切るのがいいでしょう。

    note販売

    note

    noteは自分の知識や体験などの文章を売るものです。

    基本的には文章のコンテンツを売りますが、他のジャンルのコンテンツも売れます。

    • テキスト
    • 画像
    • 音声

    主に上記の3つのコンテンツを売ります。

    また、売ることはできませんが、つぶやきや動画によってアクセスを集めることもできます。

    自分の写真やイラストを販売したいという人が利用するケースも徐々に増えています。

    また、企業が公式アカウントとしてnoteを運営しているケースもあります。

    特にブログやSNSでファンになってくれた人が購入してくれるというケースが多いものです。

    そのため、ブロガー・インフルエンサーとして活動したい人のネットビジネスとして、もっとも親和性が高くおすすめといえます。

    クラウドソーシング

    ランサーズ

    クラウドソーシングとは、WEB上で不特定多数の人材に業務を発注する方法です。

    crowd群衆
    sourcing業務委託

    上記の2つの単語を合わせた造語です。

    アウトソーシングとの違いは、必ずしもプロに依頼するとは限らないという点です。

    逆にいえば「プロでなくとも受注できる」ということで、ネットビジネスを始めたい初心者の方におすすめの仕事です。

    • ライティング
    • ネーミング
    • プログラミング
    • デザイン
    • イラスト制作
    • データ入力

    上記のようにさまざまな種類の案件がクラウドソーシングにはあります。

    最初はタスクと呼ばれる誰でも交渉なしでいきなり始めていい仕事をするのが一般的です。

    そして、そこで発注者さんから承認されると「タスクをこなした」という実績がつきます。

    「タスク承認率」が100%で、件数も多ければある程度信頼されます。

    そこから「プロジェクト」という、受注に交渉が必要な仕事を獲得していくわけです。

    レベルが上がるとプロジェクトに応募するだけでなく、直接の依頼をいただけるということも増えます。

    こうして徐々に仕事が増えていき、フリーランスとして独立できることが多くなります。

    ネットビジネスの中で「自分が実際に作業する」部分が特に多いのがクラウドソーシングであり、決して楽ではありません。

    しかし、実際に作業する分、一定の報酬を確実にいただきやすいという点では、一番おすすめのネットビジネスです。

    仮想通貨投資

    GMOコイン

    仮想通貨投資は、上の画像のGMOコインなどの取引所に口座開設をします。

    そして、その取引所で扱っているコインを売買します。

    取引所によって取り扱い通貨が違っており、たとえばGMOコインなら下のコインを売買できます。

    • ビットコイン
    • イーサリアム
    • Bitcoin Cash
    • リップル
    • ネム
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)

    仮想通貨が安いときに買い、高いときに売れば利益が出ます。

    今は一時期に比べて大幅に下がっている状態ですが、今後上がるかどうかはわからないという状況です。

    仮想通貨を支える基幹技術である、ブロックチェーン自体には確実に価値があります。

    三菱UFJ銀行などのメガバンクも、ブロックチェーンの導入を積極的に試みています。

    そのため、ブロックチェーンが社会に浸透し始めた段階で、仮想通貨もじわじわと価値が上昇するという可能性があります。

    現時点ではどうなるかわかりませんが、投資の中で一番ボラティリティが高い(変動が激しい)のは確かです。

    変動が激しいということは荒稼ぎしやすいということもであるので、その点で注目すべきネットビジネスの一つといえるでしょう。

    おすすめのネットビジネスに関するQ&A

    おすすめのネットビジネスに関するQ&A

    おすすめのネットビジネスについて多くの人が疑問に思う内容は共通しています。

    ここではそれらの疑問点の中でもよくある2つの内容について説明していきます。

    いくら稼いだら確定申告が必要ですか?

    利益で年間20万円超を稼ぐと必要になります。

    • 20万円ちょうどまでは不要
    • 利益なので経費は差し引く

    上記の2点がポイントです。

    20万円稼いでも経費がかかっていたら20万円未満になるので、確定申告は不要ということですね。

    次に、確定申告が必要になっても、納税が必要になる金額はまた違うというのがポイントです。

    多少の個人差はありますが、一般的には利益103万円から納税が必要になります。

    納税をするほど稼ぐようになると扶養から外れるため、これが「扶養の103万円の壁」と言われるわけです。

    つまり利益で20万円~103万円までの間は確定申告だけして納税はしないという状態が続きます。

    そして、103万円を超えると納税が必要になります。

    この「納税不要」の部分で源泉徴収された金額については、確定申告で還付してもらえるので、ぜひ申請しましょう。

    危険なネットビジネスの特徴は何ですか?

    危険なネットビジネスには下のような特徴があります。

    • 高額の初期費用がかかる
    • 運営会社がわからない
    • 運営会社がわかっても、情報が嘘である
    • 情報が本当でも、信用できる会社ではない
    • ネット上の評判が悪い
    • 評判が良くてもやらせっぽい

    他にも多くの共通点がありますが、上記の条件を満たせば満たすほど怪しいと思ってください。

    特に「高額な初期費用がかかる」というのは、国民生活センター・消費者センターなども警告しているパターンです。

    つまり偏見ではなく行政からみても怪しいということですね。

    運営会社の情報ですが「株式会社○○」と表記されていても信用してはなりません。

    実際には法人を登記していないのに「株式会社」を名乗るケースはざらにあるためです。

    会社が登記されているかどうかは、国税庁の「法人番号公表サイト」を見ればわかります。

    そこで会社名で調べてヒットしなければ「設立されていない」ということです。

    こうした調査もすることで、本当に信用できるネットビジネスかどうかを見極めることができます。

    上記の方法で安全なネットビジネスを探すことは可能です。

    しかし、わざわざこんな方法で調べなくても安心できるネットビジネスを知りたいという人は多いでしょう。

    そのような方には、下のサイトで紹介しているネットビジネスをおすすめします。

    いずれも当サイト一押しのビジネスなので、ぜひ参考になさってみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    【まとめ】おすすめのネットビジネス10選

    【まとめ】おすすめのネットビジネス10選

    おすすめのネットビジネスは多数ありますが、もっとも稼ぎやすいのはやはり「スマホビジネス」です。

    スマホ1台でできる単純作業で、1日5分などの隙間時間から取り組めるというのがメリットです。

    そのスマホビジネスを中心に、特に稼ぎやすいネットビジネスは下のサイトやおすすめのスマホ副業の記事で紹介しています。

    すべて当サイトが自信を持っておすすめするビジネスなので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *