高校生におすすめの副業ランキング10選!【未成年必見】

    【未成年】高校生におすすめの副業ランキング10選!

    現代は昔と違い「いい大学を出ていい会社に入る」という時代ではなくなりました。

    活躍するYouTuberの人たちを見て「自分も今から稼ぎたい」と思っている高校生もいるでしょう。

    そのように稼ぐ選択肢の一つが大人もやっている「副業」です。

    最近では、学生がよく使うLINEでできる副業も出てきています。

    LINEでできる副業については、こちらの記事で紹介しているので合わせて読んでみてくださいね。

    この記事では高校生の副業の疑問に答えるため、高校生におすすめの副業や、副業を選ぶときの注意点などを解説していきます。

    これらの内容を読むことで、より安全かつ高確率で稼げる副業を探せるようになるでしょう。

    結論から言うと

    • 高校生でもできる副業は、確かに少ないが存在する
    • しかし、中には危険な副業も存在していて、最近ではお金を騙し取られる副業の被害が多く報告されている。
    • 高校生の副業選びのポイントは、「安全性・稼げる額・手軽さ」の3つ
    • 3つのポイントを満たしていて、一番稼ぎやすい副業を探しているなら、スマホ副業がおすすめ。
    • 当サイト「副業オタク」がおすすめするスマホ副業は下記のボタンから確認できるので今すぐ確認してみよう。
    副業BLOG   →副業オタクおすすめのスマホ副業はこちら

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    高校生が副業を始めるべき理由

    高校生が副業を始めるべき理由

    まず「なぜ高校生が副業を始めるべきなのか」という理由が気になることも多いでしょう。

    ここでは高校生が副業を始めるべき3つの理由を説明します。

    稼ぐ力が身に付く

    当然ながら、副業をすることで稼ぐ力が身につきます。

    「稼ぐ力はアルバイトでもつくのでは?」と思うかもしれません。

    これは確かにその通りですが、副業とは下の点が異なります。

    • アルバイトは「成果報酬」ではない
    • そのため「雇われて稼ぐ力」しかつかない
    • 一方、多くの副業はある程度成果報酬である
    • そのため「自力で稼ぐ力」が身につく

    成果報酬というと「難しいのでは?」と思うかもしれません。

    たしかに、クラウドソーシングのWebライティングやプログラミングなどは競争が激しく過酷です。

    しかし、このようにメジャーになった仕事でなく「まだマイナーでバブル状態のビジネス」であれば、成果報酬でも簡単に稼げます。

    これは、2017年の仮想通貨投資を想像するとわかりやすいでしょう。

    仮想通貨投資は副業以上に「成果報酬」であり「自己責任」です。

    しかし、あの年は「投資さえしていれば誰でも稼げた」わけです。

    「成果報酬=厳しい」とは限らないわけですね。

    一定期間限定、フィールド限定という条件ではありますが「成果報酬なのに甘々」という状態もあるわけです。

    現時点でそのような状態のビジネスを探せば、成果報酬でも問題なく簡単に稼げます。

    そして、そのような金脈を探す力も、立派に「自力で稼ぐ力」です。

    むしろ自分で稼ぐ力というのは、ガムシャラに努力する力よりも金脈を見つける力といえます。

    高校生のうちからスマホビジネスなどの副業に取り組んでいると、そのように本質的な能力(マネタイズの力)が身につくでしょう。

    継続力が身に付く

    これは部活動などでも同じですが、何かを継続することで「続ける力」が身につきます。

    この点については必ずしも副業でなくとも部活動でも良いものです。

    そのことは、甲子園に出場した人などが社会人として立派に活躍しているケースが多いことでもわかります。

    社会人は大体立派なものですが、スポーツで鍛えられた人はやはりビジネスでも結果を残すケースが多くあります。

    これは、「部活をやっていないとダメ」とか「文系はダメ」ということでは当然ありません。

    ただ「苦しいことを乗り越えた経験」「チームで成果を出した経験」「何かを続けた経験」などは、仕事でも生きるということです。

    そのため、部活でも副業でも「高校生のうちに何かを続ける経験」をしておくのは良いことです。

    そういうと「勉強でもいいのでは?」と思うでしょう。

    これもその通りで、たとえば東大・京大・早慶などの卒業生は、やはり社会で活躍している人が多くいます。

    逆にこういった学歴がなくても、自分が与えられた仕事で継続して努力する人はやはり結果が出ます。

    要は「何でも真面目に継続することが大事」であり、その経験はあらゆる場所で生きるということです。

    そういう意味では副業でなくてもいいのですが、副業でもそうした価値のある経験を積めるといえます。

    ビジネスの基礎が身に付く

    先に書いた通り、副業の多くは簡単ではあっても成果報酬のものです。

    つまり、普通のアルバイトとは違い、個人事業主として営業することになります。

    個人事業主というのは、中小企業庁などから正式に「事業者」として扱われる単位です。

    たとえば、弁護士事務所(法律事務所)で、国内ビッグ4とカウントされる西村あさひ法律事務所という組織があります。

    ここは1966年から営業しているのですが、会社(法人)になったのは、2012年なのです。

    それまでずっと「個人事業」だったわけですね。

    西村あさひを知っている社会人からするとかなり意外でしょうが、個人事業主という形態でも、このように十二分に社会や経済に影響するものなのです。

    最終的には法人だろうと個人だろうと「その事業内容次第」ということですが、個人事業主も立派な事業者である、ということは実感できるでしょう。

    高校生も副業とすることで、そうした個人事業主の一人として、社会に参画することになります。

    「自営業の経験がある」という点では、それを経験していない親御さんよりも、ある意味起業家として上の経験を積んだといえるかもしれません。

    もちろん、起業や独立がすべてではありません。

    「下手な自営業者よりはマッキンゼーのトップ社員の方がレベルが上」ということは、誰もが思うことでしょう(あくまでビジネスの能力の話であり、人間の価値の話ではありません)。

    そのため、必ずしも独立すれば偉いということではないものの、高校生のうちに独立の経験をできるのは、意味があることです。

    そして、そのように独立して副業をしようとしたとき、やはり高校生はリスクのないビジネスに取り組むべきです。

    そうしたリスクの小さいビジネスとして、当サイトがおすすめするのはスマートフォン1台でできるスマホ副業です。

    当サイトがおすすめするスマホ副業は下のサイトで詳しく紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    高校生におすすめの副業

    高校生におすすめの副業

    高校生におすすめの副業は多数あります。

    ここではそれらの中でも特におすすめできる副業を10種類紹介していきます。

    他にもおすすめの副業を知りたいあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

    スマホdeマネー

    スマホdeマネー

    スマホdeマネーは、スマホをタップするだけの単純作業で稼げるビジネスです。

    簡単な内容でも最大で月収100万円以上を目指せるという、稼ぎやすいビジネスとして評判になっています。

    1日5分などの隙間時間でも取り組めるため、高校生が通学時間に作業するのにも最適です。

    スマホの作業は大人より高校生の方が得意であるため、この点でも有利といえるでしょう。

    公式サイトを見ると、実際にスマホdeマネーのビジネスを実践して稼いでいる人たちの体験談が多く紹介されています。

    それらの内容を見ると、稼げるビジネスであることを実感しやすいでしょう。

    始め方はスマホdeマネーのラインの公式アカウントを友だち登録するだけなので、お金は一切かかりません。

    10秒程度ですぐに無料で始められるため、ぜひ気軽に下の公式サイトを確認してみてください。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    クラムスクール

    クラムスクール

    クラムスクールはスマホの自撮りなどが得意な高校生に特におすすめの副業です。

    写真や動画をスマホで撮影してアップロードするという仕事のためです。

    日頃から自撮りや撮影を趣味にしていれば、こうした作業はお手の物でしょう。

    スマホや写真、動画に慣れていない大人よりも、高校生の方が戦力になるということは十分にあり得ます。

    特にスマホアプリでの写真の加工は、苦手とする大人が多いものです。

    高校生にとっては当たり前の作業でも、大人になると逆にできない(やったことがない)というケースが多いわけですね。

    そのため、クラムスクールは特に高校生が有利な副業といえます。

    初日から6000円程度稼げる人が多いため、高校生の出足の稼ぎとしては十分な大金といえるでしょう。

    初期費用として、9,000円程度の金額は必要になります。

    これは最初の収益発生までのサポートの費用です。

    通常は1万2,000円ですが、それが期間限定で9000円などの金額になっています(2020年5月16日時点では9,000円)。

    このような割引キャンペーンが展開されているときは、特にチャンスといえるでしょう。

    初日で6000円稼げることを考えれば、9,000円の初期費用は実質3,000円といえます。

    そして、スマホでの撮影が得意な高校生なら、3,000円程度はすぐに稼げるでしょう。

    クラムスクールは最大で月収100万円以上も目指せるというビジネスです。

    そして、これだけの大金を稼げる可能性は、むしろ大人より高校生の方が高いといえます。

    そう考えると、どのようなビジネスかチェックする価値は十分にあるでしょう。

    クラムスクールの詳しい作業内容や始め方などは、下の公式サイトでチェックしてみてください。

    \片手間に稼げる!/

    クラムスクールを
    今すぐ確認する!

    セレクト

    セレクト

    セレクトは、知識やスキルがまったくなくても稼げるというビジネスです。

    このため、高校生でも大人と比べて不利になることがなく、おすすめの副業といえます。

    先着30名などの限定条件でしばしば無料レクチャーのサービスも提供しています。

    こうしたキャンペーンを展開している時は特にチャンスなので、ぜひ無料のレクチャーを受けてみるといいでしょう。

    セレクトは名前通り、働く時間や場所、仕事量などの自由に選べるものです。

    そのため、1日5分などのわずかな隙間時間でも作業できる点がメリットといえます。

    高校生であれば通学の電車やバスの中でも作業可能です。

    また、学校から帰った後の時間など、まとまった自由時間があるときにはさらに多くの作業をできるでしょう。

    社会人なら月収100万円以上も狙えるビジネスであるため、高校生でもかなり稼げる副業です。

    単純計算でいうと、社会人が通常月収20万円の給与に対して100万円も稼げるということで、大体「同世代の平均の5倍は稼げる」といえます。

    高校生のアルバイトだと、月収5万円程度のことが多いでしょう。

    その5倍と考えると、高校生でも月収25万円程度を稼げる可能性があるということです。

    もちろん、あくまで単純計算であり、必ずその金額を稼げるということではありません。

    しかし、普通のアルバイトをするより断然稼ぎやすいことは確かです。

    セレクトの詳しい作業内容や稼いでいる人の体験談などは、下の公式サイトからチェックしてみてください。

    \知識がなくても稼げる!/

    セレクトに
    今すぐ登録する!

    アフィリエイト

    ワードプラス

    アフィリエイトは、ホームページやブログに広告を貼り付け、そこから広告収入を得るビジネスです。

    強いサイトやブログを作れば、ほぼ不労所得に近い収入を得ることができます。

    高校生はスマホには強くても、パソコンには弱いということが多いでしょう。

    しかし、上の画像のWordPlusのようなサービスを使えば、スマホだけでもサイト・ブログの更新をできます。

    独自ドメイン取得やサーバーへのブログシステム(ワードプレス)のインストールなど、必要な初期設定もすべてお任せ可能です。

    高校生でもアフィリエイトをしやすくなるサービスなので、ぜひ詳細を下の公式ページでチェックしてみてください。

    \簡単にサイトを作れる!/

    WordPlusを
    今すぐ確認する!

    ポイントサイト

    ハピタス

    ポイントサイトは、下のようなことをしてポイントを貯められるサイトです。

    • ゲーム
    • 買い物
    • アンケート回答
    • モニター
    • CM視聴

    高校生の場合特にゲームで稼げるのが魅力かもしれません。

    ただし、時給に換算したら50円~100円程度と、かなり悲惨な金額になります。

    ポイントサイトで稼ぎやすいのは、銀行口座の開設などマネー系の案件です。

    ただ、これも高校生では申し込める内容に限界があるでしょう。

    このため、ポイントサイトはあくまで「遊びの延長で少しポイントをもらえる」程度に考えておきましょう。

    転売

    アリババ

    転売は意外に高校生が有利な分野です。

    理由は高校生の間での売れ筋は高校生の方がよくわかるということが多いためです。

    たとえば人気のカードゲームの中でも「特に人気のカード」などは、高校生の方が理解しやすいでしょう。

    有名になった後なら大人でもわかりますが、マイナーなうちは高校生の方がよくわかるということもあります。

    また、リアルの転売でなくゲーム内のアイテム転売などは、やはり高校生が強いものです。

    ゲームアカウントなどの売買は大分規制が厳しくなりましたが、まだできるものもあります。

    高校生はそうしたところから稼いでいくのもいいでしょう。

    Webライター

    Shinobiライティング

    Webライターは、Webサイトやブログにアップする文章を書くお仕事です。

    上の画像のShinobiライティングなどのクラウドソーシングで仕事を探すのが、最初のステップとして一般的です。

    Shinobiライティングは名前通りライティング専門のクラウドソーシングです。

    そのようなクラウドソーシングとしては、他にサグーライティングなどもあります。

    ただ、こういったライティング専用のクラウドソーシングにこだわる必要はありません。

    一番Webライターのお仕事を探しやすいのは、ランサーズ・クラウドワークスという二大クラウドソーシングです。

    どちらも18歳以上でないと利用できないため、高校生が利用できるのは「3年生から」になりますが、18歳になったらぜひチャレンジしてみましょう。

    アンケートモニター

    D style web

    アンケートモニターは、アンケートに回答する、モニターに参加するなどの方法で稼ぎます。

    高校生の場合、特に高校生向けの商品やサービスで需要があります。

    「高校生のリアルな声」を企業が知りたがるケースは多いためです。

    上の画像の「D style web」を含め、アンケートモニターのサイトは多くあります。

    多数のサイトに登録しておくことで、高校生に向いている案件もより探しやすくなるといえるでしょう。

    Youtuber

    YouTube

    今若者に一番人気の職業といえば、やはりYouTuberでしょう。

    高校生はもともとアイドルなどの芸能活動で稼ぎやすいものでした。

    それが今では個人で放送するYouTubeのような媒体に移ったと考えれば、高校生がYouTuberとして稼ぎやすいことも納得できるでしょう。

    特に女子の場合はいわゆるJKブランドがあるため、大人の男性を対象とすれば、それだけで一定の人気をすぐに確保できます。

    問題は「周りから白い目で見られる」ことですが、AKB48の商法もある意味そのようなものです。

    そのように一定の批判や否定的な視線を浴びることも覚悟の上で望むなら、高校生がYouTuberとして稼ぐことは、決して難しくないといえます。

    動画編集

    動画編集

    自らがYouTuberにならなくても「動画編集で稼ぐ」という方法もあります。

    多くのYouTuberが稼いでいるということは、動画編集の仕事のニーズもあるということです。

    動画編集では、上のAdobeのソフトなど、パソコンの専用ソフトを使います。

    この点では、高校生は大人ほどパソコンに精通していないので、やや不利かもしれません。

    しかし、センスについては若者の方があるため、基本的な操作さえ覚えれば有利といえます。

    特に将来アート系の職業につきたい場合は、高校生のうちにこのような副業を経験しておくのもいいでしょう。

    高校生が副業を始める際の注意点

    高校生が副業を始める際の注意点

    高校生が副業を始めるときには、注意すべき点が多くあります。

    ここではそれらの注意点の中でも特に重要なものを説明していきます。

    危険な副業を始めない

    副業の中には危険なものも多くあり、こうしたものには大人でも引っかかることが多いものです。

    そして、高校生は人生経験が乏しく人を疑うことを知らないので、ますます騙されやすいといえます。

    高校生のうちはまだ親に監視されているため、ある意味保護されており安心といえます。

    しかし、大学生になると一人暮らしを始めるケースが多く、お金の管理も完全に自分でするようになるため、被害に遭いやすいのです。

    たとえば国民生活センターも「モノなしマルチ商法」に引っかかる学生の被害が増えていることを報告しています。

    • 通常のマルチ商法は、健康食品や化粧品などの商品を介在する
    • 「モノなし」の場合は、情報商材などを介在する

    というのが違いです。

    情報商材であろうと、一応何らかの商品を扱っていればネズミ講のように違法にはならないのです。

    東洋経済は「新手のマルチ商法に60万円支払った学生の末路」という記事で、SNS世代だからハマる落とし穴があると指摘しています。

    それは、SNSでフォロワーやいいねの数が多いと、無条件に信用してしまうというものです。

    たとえばこれが60代の男性であれば「それがどうした」という反応になり、引っかかる確率は断然低くなります。

    「TwitterやInstagramの存在は知っていても、全然使っていない」というケースが多いためです。

    一方、若者はこうしたものを熟知しており、実態以上の価値を感じてしまっているものです。

    そのため、SNSのフォロワーやいいねを購入し「人気者の演出」をすれば、簡単に騙せてしまうのです。

    このような手口で高校生を騙しにくる「情報商材屋」や「セミナー屋」と呼ばれる人々は多くいます。

    くれぐれもこのような人々の手口に騙されないようにしてください。

    途中で投げ出さない

    一部で危険かつ詐欺的な副業もありますが、大部分な副業は当然「真面目な仕事」です。

    そのため、一度引き受けたら投げ出さないという責任感が必要です。

    実は、社会人の何割かは「高校生や大学生のときにバイトをさぼった経験がある」ものです。

    そのため、少しでもサボったら人間としてダメということではありません。

    ただ、サボった経験のある人たちの大部分が、社会人になってから痛い思いをし、それで反省し真面目になっているものです。

    どうせ真面目になるなら、最初から真面目にやる習慣をつけておく方が、苦労しないものです。

    長距離を移動するのと同じで、早めにスタートして一定ペースで歩き続けていれば、後から焦って走らなくて済むのです。

    そのように「後で楽な人生を送る」という「先憂後楽」の人生を実現するためにも、副業を始めたら途中で安易に投げ出さないようにしましょう。

    (ただし、詐欺に引っかかったと気づいたときは、早めに脱出するべきです)

    勉学をおろそかにしない

    当然ながら、学生の本分は勉強です。

    副業のせいで成績が落ちると、親からも副業を禁止されてしまう可能性が高いでしょう。

    勉強は頭脳を鍛える上でも有効で、遠回しではありますが仕事のプラスにもなります。

    いい大学を出ておくと個人事業でも有利になることが多いので、その点でも勉強はしっかりしておきましょう。

    なお、勉強時間を確保しながら稼げる副業としても、やはりスマホビジネスはおすすめです。

    スマホビジネスについては下のサイトで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    高校生の副業に関するQ&A

    高校生の副業に関するQ&A

    高校生の副業に関して、多くの人が知りたがる内容は共通しているものです。

    ここでは高校生の副業でよくある質問について答えをまとめていきます。

    高校生でも確定申告は必要ですか?

    高校生の副業でも確定申告は必要です。

    正確には、利益が20万円を超えたら必要となります。

    利益が20万円まで(以下)であれば、確定申告は不要ということです。

    この場合、納税ももちろん不要になります。

    次に気になるのは、確定申告が必要になったら納税も必要なのかという点でしょう。

    これは、124万円以上の利益があったら必要となります。

    住民税124万円から必要
    所得税130万円から必要

    上記のように、納税が必要になるラインがあるためです。

    あらためて確認しておくと、どちらも20万円を超えた時点で確定申告は必要です。

    • 確定申告はする
    • しかし、納税はしなくていい

    という状態がかなり長く続くわけですね(20万円~124万円まで)。

    この「納税が必要な金額」は、高校生・大学生と社会人では異なります。

    高校生や大学生などの学生の場合、勤労学生控除という免除のルール(簡単にいうと)があるためです。

    このため、社会人よりも多めの金額まで納税を免除されます。

    「学生の本分は勉強なんだから、そんなに働いていいのか?」と思う人もいるかもしれません。

    しかし、大学の学費と生活費を自力で稼いでいたら、確実に年間124万円は超えてしまいます。

    そのため、このような制度があることは当然であり、正しいわけですね。

    高校生だけでなく、専門学校生や大学院生、高専生なども対象になります。

    一番稼げる副業を教えてください

    高校生が一番稼げる副業は、やはり「スマホビジネス」です。

    大人は高校生ほどスマホを使いこなしていないので、その点で高校生が有利なのです。

    スマホビジネスにも多くの種類がありますが、当サイトが特に推奨しているものは、下のサイトでまとめています。

    いずれも好きな時間に好きなだけ作業できる自由なものなので、ぜひ気軽にチェックしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    【まとめ】高校生におすすめの副業

    【まとめ】高校生におすすめの副業

    高校生におすすめの副業は、今回紹介した通り多数あります。

    これらの中でも、やはり一番におすすめできるものはスマホビジネスです。

    いつの時代も、新しい技術やガジェットでは若者が有利といえます。

    それは現代のスマホでも同じということです。

    スマホビジネスで当サイトが特におすすめする仕事は、下のサイトでまとめています。

    いずれも1日5分などの隙間時間で簡単に稼げるものなので、ぜひチェックしてみてください。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *