Googleストリートビューの副業?仕事内容・始め方を解説!

    最近は新しい副業が多く登場しています。

    その一つとして注目されているのがGoogleストリートビューの撮影の副業です。

    ストリートビューについては知っている人が多いでしょうが、「その撮影を副業にするというのはどういうことか?」という点が気になるでしょう。

    この記事では、そのような疑問に答えてストリートビューの撮影を副業にする方法を説明していきます。

    新しい副業を探している人や、撮影を趣味としている人には、特に参考にしていただけるでしょう。

    結論から言うと

    • Googleストリートビューの副業は確かに魅力的な副業である。
    • しかし、始めるためには、ある程度の機材・スキルが必要なので、簡単に始めれる副業ではない。
    • もっと簡単にお金を稼ぎたいのであれば、当サイト「副業オタク」がおすすめするスマホ副業がおすすめ。
    • 初心者でもスマホ1台で、Googleストリートビューの副業よりも簡単にお金を稼ぐことができる。
    • 少しでもスマホ副業に興味があるあなたは、下記のボタンから「副業オタクおすすめのスマホ副業」を確認してみよう。
    副業BLOG   →副業オタクおすすめのスマホ副業はこちら

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    Googleストリートビューの副業とは?

    Googleストリートビューの副業とは?

    Googleストリートビューは、Googleマップ上でその場所の映像を360度写真で見られるものです。

    道路についてはGoogleが公式に撮影しているのですが、店舗内の撮影はGoogleでは行いません。

    この店舗内での撮影が、Googleストリートビューの副業の主な仕事です。

    • 商店主
    • サロンオーナー
    • クリニック院長
    • 塾経営者
    • 会社経営者

    上記のような人に撮影のサービスを売り込み、それぞれの店舗やオフィスの内部を撮影するのです。

    それによって、お客さんや取引先、新入社員などが「どんな店舗・会社かわかる」ということですね。

    その効果による集客やイメージアップを見込むということです。

    こうした撮影サービスを「1回○万円」などの値段で行うのが、Googleストリートビューの副業です。

    Googleストリートビューの副業は稼げる?

    Googleストリートビューは稼げる?

    Googleストリートビューの副業で稼げるかどうかは、その人の力量によります。

    金額の相場をいうと、1店舗の撮影で3~7万円ほどが相場となっています。

    しかし、これは売上なので、諸経費をここから引く必要があります。

    交通費をもらうかどうかは会社によって異なるものです。

    経費自体は交通費以外ほとんどかからないため、交通費を別にもらうのであれば、日給5万円程度となります。

    割のいいビジネスではありますが、継続して受注するのは難しいものです。

    その受注をするために「販売代理店」を募集している認定フォトグラファー・撮影会社も多く存在します。

    こうした工夫もしつつ「多くの受注をできる仕組み」にすると、稼げる可能性も高いでしょう。

    【参考】ストリートビュー(インドアビュー)撮影費用の最新相場調査:2019年8月版 | Web担当者のための見積り相場ガイド

    Googleストリートビューの副業を始める3つの手順

    Googleストリートビューの副業を始める3つの手順

    Googleストリートビューの副業を始めるステップは主に3つに分かれます。

    ここではその3つの手順を解説していきます。

    Googleマップに360度写真を50枚投稿する

    まず、Googleマップに360度写真と投稿します。

    これがGoogleの審査で50枚承認されたら後述する認定を受けられます。

    画像のクオリティについては「切れ目がないこと」「内容に問題がないこと」などが条件となります。

    内容の問題というのは不適切なものが写っていないかということです。

    認定フォトグラファーになる

    写真が50枚認証を受けると、ストリートビュー認定フォトグラファーになります。

    この認定を受けると、ストリートビュー認定のバッジを取得でき、このバッジを規定の範囲内で使用できます。

    また、ストリートビューの公式サイトで認定フォトグラファーのリストに名前が掲載されます。

    • 名前
    • 都道府県
    • メールアドレス
    • サイトURL

    上記の4つの情報を掲載可能です。

    (サイトURLは名前や社名にリンクする形になっています)

    認定されたら、Googleの公式サイトからあなたのサイトにリンクが貼られるということですね。

    当然、GoogleがそれでSEO的に贔屓するということはないでしょうが、Webの仕事をしている人なら「何となく嬉しい」と感じるのではないでしょうか。

    (リストや認定の詳細は下の公式ページに記載されています)

    【参考】認定フォトグラファーの写真でユーザーの目を引く | Google

    自由に副業を始めていい

    認定フォトグラファーになったら、その後は自由に副業として仕事をスタートできます。

    もちろん本業として取り組むことも可能です。

    ただ、Googleの名前をどこまで出していいか、どのように使っていいかは当然ルールがあります。

    普通にしていれば大丈夫ですが、使い方によってはNGになることもあるため、この利用可能範囲を最初によく確認しましょう。

    Googleストリートビューの副業の稼ぎ方

    Googleストリートビューの副業の稼ぎ方

    Googleストリートビューの副業での稼ぎ方は、主に3つに分かれます。

    その3つの稼ぎ方をそれぞれ解説していきます。

    「代理店」として開業する

    少なくとも2020年5月31日時点のルールでは、認定フォトグラファーになると「代理店」を名乗っていいようです。

    まず、「Googleストリートビュー 代理店」と検索すると、上位に下のようなタイトルのページがヒットします。

    (それぞれ撮影代行会社さんのサイトです)

    • Googleストリートビュー代理店販売
    • Googleストリートビュー公式認定代理店
    • Google認定代理店
    • Googleストリートビュー認定フォトグラファー 代理店

    次に、先に紹介した認定フォトグラファーについての公式ページを見ても、下の画像のように「代理店」と書かれています。

    (黄色でマークした部分です)

    代理店

    もちろん、これは自動翻訳ではなく、Googleが最初から用意している日本語ページです。

    それは、公式ページのURLに「https://www.google.co.jp/intl/ja/streetview/contacts-tools/」と、「ja」の文字が入っていることでわかります。

    日本語の代理店という意味を知った上でこの表記をしているわけなので、おそらく「代理店」と名乗って良いということでしょう。

    (そこまで深い意味がなかったという可能性もありますが)

    さらにもう一つ、公式サイトの「ブランディングについて」のページでも、やはり「代理店」という言葉が登場しています。

    ストリートビューのセールスとブランディングに関するガイドラインは、プロのフォトグラファーや代理店の方を対象としています。
    セールスとブランディングに関するガイドライン | Googleマップ

    上の文章からわかることは、Googleストリートビューの代理店自体は存在しているということです。

    ただ「認定フォトグラファー=代理店なのか」はわかりません。

    • 代理店は存在する
    • しかし、認定フォトグラファーになったら名乗っていいとは限らない

    ということです。

    これについては上記のブランディングについての公式ページでも、「できること」で明記がありません。

    (代理店という単語が登場するのは、引用部分のみです)

    ここまでの情報だと代理店という言葉を使っていいように感じますが、使ってはいけないという記述も見られます。

    Google公式の相談フォーラムに寄せられたQ&Aです。

    ゴールドプロダクトエキスパートの認定を持つ、比較的実績の高い回答者さんが、下記のように答えられています。

    (前略)いまだに「認定代理店」という名称を使っているなど、ちょっと信じられない道徳心の低さ・・・といいますか、(後略)

    株式会社○○からの勧誘について | Googleマイビジネスヘルプ

    上の記述を読むと、「認定代理店」という表現は使えないようです。

    また「いまだに」という言葉もあることから、上の指摘が事実であれば「かなり前に禁止が通達された」と考えられます。

    この投稿がされたのは2019年3月9日で、1年以上前です。

    そのため、この1年間にルールが変わった可能性もあります。

    最終的には、代理店と名乗っていいかどうかは認定を受けたときにGoogleに直接確認するのが一番でしょう。

    認定を受けていない状態で問合せをしても返信はもらえないでしょうが、認定を受けたフォトグラファーであれば、返信はもらえる可能性が高いといえます。

    クラウドソーシングで受注する

    クラウドワークス

    クラウドソーシングでも、出張撮影などの仕事は多く受注・発注されています。

    Googleストリートビューの撮影も需要があるため、クラウドソーシングで売り込むのもいいでしょう。

    上の画像のクラウドワークスやランサーズ、ココナラやビズシーク、クラウディアなどのサイトが人気です。

    合わせて写真に関するWebライティングなどで稼ぐというのもいいでしょう。

    撮影会社でバイトする

    すでにGoogleストリートビューの撮影代行を提供している会社で、アルバイトをするのも一つの手です。

    もちろん正社員として入ってもいいのですが、副業という形ならアルバイトになるでしょう。

    大手の撮影代行会社なら、サービスの一部としてGoogleストリートビューの撮影も提供しています。

    認定フォトグラファーなら採用されやすいので、ぜひ求人を探してみるといいでしょう。

    Googleストリートビューより稼げる副業

    Googleストリートビューより稼げる副業

    Googleストリートビューの副業はやりがいのある仕事ですが、稼ぐというだけならもっと稼ぎやすいビジネスもあります。

    それらの稼ぎやすい副業を、ここでは紹介していきます。

    ここで紹介している副業以外にも、稼げる副業はたくさんあります。

    自分に合った稼げる副業を探しているあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

    スマホdeマネー

    スマホdeマネー

    スマホdeマネーはスマホ1台の作業で誰でも簡単に稼げることで評判のビジネスです。

    1日5分などの隙間時間から取り組めるのがメリットとなっています。

    最大で月収100万円以上を稼ぐことも可能であり、非常に利益率の高いビジネスです。

    スキルや資格は一切不要で誰でも始められるのでぜひ下の公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    クラムスクール

    クラムスクール

    クラムスクールは動画や写真を撮影して投稿することで稼ぐビジネスです。

    Googleストリートビューと同じく写真の副業ということで、相性がいいといえます。

    クラムスクールは特別なカメラや機材を用意する必要がありません。

    スマホで撮影できる普通の写真、普通の動画(10秒程度)で稼げます。

    初日から6,000円程度を稼げることが多い、即金を得やすいビジネスなので、ぜひ下の公式ページで詳細を確認してみてください。

    \片手間に稼げる!/

    クラムスクールを
    今すぐ確認する!

    PIXTA

    PIXTA

    PIXTAはストックフォト販売サイトの最大手です。

    ストックフォトとは、有料で写真を購入して自由に使えるというサービスです。

    その写真をPIXTAの審査を経て登録し、購入されたらインセンティブが入ります。

    つまり、売れ続ける写真をアップロードしたら、継続的に不労所得が入るということです。

    360度カメラの写真はあまり需要がありませんが、Googleストリートビューの仕事に興味を持つ人なら、一眼レフも得意でしょう。

    トップ10人程度のフォトグラファーの方々は、月収100万円を超えているということです。

    Googleストリートビューだけでなく、普通の撮影にも興味があるというカメラマンの方は、ぜひチェックしてみてください。

    トレンドナビゲーション

    トレンドナビゲーション

    トレンドナビゲーションは「その人に最適な副業」を紹介してくれるサービスです。

    たとえばフォトグラファーであれば、写真のスキルを活かして効率的に稼げる副業を紹介してくれます。

    スキル・経験・知識などが一切不要で稼げるというのが売りですが、スキルがあるカメラマンならさらに稼げるでしょう。

    完全無料で登録できるため、まずは気軽にお試ししてみてください。

    \コツコツ稼げる!/

    トレンドナビゲーションに
    今すぐ登録する!

    アフィリエイト

    ワードプラス

    アフィリエイトはそれ自体も利益になりますが、Googleストリートビューの副業にもつながります。

    代理店や認定フォトグラファーとしてのサイトにアクセスを集めることにつながるためです。

    また、カメラや撮影技術に関するブログを書いて、その関連でアフィリエイトをするのもいいでしょう。

    カメラの場合、GoogleアドセンスやAmazonのアフィリでも、高い売上げが発生します。

    (言うまでもなく、カメラ自体が高価であるためです)

    そのため、カメラマンにとってアフィリエイトは「意外に稼ぎやすい副業」といえるでしょう。

    そのように稼ぎやすいアフィリエイトですが、まずは優れたサイトを創ることが必要になります。

    そうしたサイトを簡単に制作できるサービスが、上の画像のWordPlusです。

    独自ドメインの設定やサーバーの取得など、必要な初期設定をすべて代行してくれます。

    更新作業の代行などのサービスも充実しているため、是非詳細を下の公式サイトでチェックしていただけたらと思います。

    \簡単にサイトを作れる!/

    WordPlusを
    今すぐ確認する!

    Googleストリートビューの副業でよくあるQ&A

    Googleストリートビューの副業でよくあるQ&A

    Googleストリートビューの副業について、多くの人が疑問に思う内容は共通しています。

    それらの共通する疑問点について解説していきます。

    有料の養成講座は受けた方がいいですか?

    「Googleストリートビュー認定フォトグラファー養成講座」(※特定の講座を指したものでなく、単純に名詞をつなげたものです)といった雰囲気の名前の講座も提供されています。

    これらの講座の中には良質なものもありますが、一部は情報商材に近い内容になっています。

    認定フォトグラファーになる上で、養成講座を受講する必然性はありません。

    360度カメラとスマートフォンがあれば、誰でも無料で取り組めます。

    養成講座はすべてGoogleと一切関係がないものなので、「グーグル認定」と思わせるようなものがあったら注意してください。

    ストリートビュー撮影の販売代理店とは?

    これは、認定フォトグラファーの撮影サービスを宣伝する仕事です。

    「各フォトグラファーの下請け」というとわかりやすいでしょう。

    ・「撮影よりセールスの方が好き」という人には向いています。

    しかし、そもそも認定フォトグラファーになることはそれほど難しくないため、あえて下請けになる必要もないかと思います。

    【まとめ】Googleストリートビューの副業とは?

    【まとめ】Googleストリートビューの副業とは?

    Googleストリートビューの副業は、意外に簡単に始められるものです。

    撮影のセンスは関係なく、360度カメラがあるかないかと言っても過言ではありません。

    そして、非常に魅力的な仕事ではあるものの、何より写真のクオリティが最優先となるため、「楽して稼げる」仕事ではないといえます。

    このため、できるだけ効率的に稼ぎたいと思っている人は、下のサイトをチェックしてみてください。

    当サイトおすすめの稼ぎやすい副業をまとめているので、きっと参考にしていただけるでしょう。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *