農業を副業にできるの?仕事を辞めずに週末農業を始めよう!

    自分は本業に携わっている一方、農業を副業にしたいという人は数多くいます。

    確かに、農業そのものを副業にしている人は多いと言っても過言ではありません。

    副業で農業を行うと収入はどのくらい得られるのかも、多くの人は気になっています。

    そこで、本業を携わりながら副業で農業したいという人に向けて、農業を副業にすることができるのかについて、解説していきます。

    結論から言うと

    • 農業の副業とは、休日に農業を行う週末農業のこと。
    • 最近では、自給自足な考え方も増えてきており、趣味の延長で農業を行う人もたくさんいる。
    • しかし、農業で収入を得るのは非常に困難で、収入源の確保すら難しい。
    • 本気で稼ぎたいのであれば、スマホ1台で在宅で簡単に稼げる「スマホ副業」がおすすめ。
    • 副業オタクおすすめのスマホ副業は、こちらの記事で紹介しているので、是非参考にしてみよう。
    副業BLOG   →副業オタクおすすめのスマホ副業はこちら

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    農業を副業にすることはできるの?

    農業を副業にすることはできるの?

    農業を副業にすることは可能です。

    家業の農業で副業収入を得るとか、週末だけで農業を行う、農業している農家でアルバイト・パートするなど、農業の副業は様々な形態があります。

    注目していただきたいのは、公務員が農業を副業することについてです。

    通常、本業に携わっているサラリーマンなどの場合、副業は法律上認められています。

    一方、公務員は法律上で、副業が認められていません。

    理由は、国家公務員法第103条と地方公務員法第38条という公務員法にあります。

    公務員でも農業を行っている人がいますが、彼らは以下の法律に順守して農業に携わっているのです。

    三 不動産又は駐車場の賃貸及び太陽光電気の販売以外の事業に係る自営を行う場合で、次に掲げる基準のいずれにも適合すると認められるとき。
    (1) 職員の官職と当該事業との間に特別な利害関係又はその発生のおそれがないこと。
    (2) 職員以外の者を当該事業の業務の遂行のための責任者としていること等により職員の職務の遂行に支障が生じないことが明らかであること。
    (3) 当該事業が相続、遺贈等により家業を継承したものであること。
    (4) その他公務の公正性及び信頼性の確保に支障が生じないこと。

    引用:人事院規則14―8

    仮に公務員が副業で農業を営んでも、大規模経営は不可能で、小規模経営でしかできません。

    家族のみ食べていける分だけの収入の範囲内なら、公務員が農業を行っても認められます。

    ただし、公務員が農業に携わりたい場合、人事院の承認または任命権者の許可が必要です。

    任命権者とは、公務員の任命や休職、免職や懲戒などの権限を持つ人のことを言います。

    なお、農業以外の副業も合わせて検討していることもあるえしょう。

    その場合は「おすすめの副業」のページを参考にしていただけたらと思います。

    副業で農業を始める方法

    副業で農業を始める方法

    副業で農業を始める方法は主に3つあります。

    その3つを次に挙げて、解説していきます。

    週末農業

    週末農業とは、文字どおり週末のみ、農業を行うことを言います。

    平日に忙しい日々を送っているサラリーマンやOLなどが、本業を持ちながら農業に参加できるという魅力を持っているのです。

    副業目的で週末農業する人がいれば、趣味で週末農業に参加する人もいます。

    中には、これから新規に農業を始めるために、農業の知識を得るためだけに週末農業に参加する人もいるのです。

    週末農業の始め方については「週末農業の始め方」という見出しで、解説していきます。

    本格的な農業は無理でも、農業を体験したい、気軽に農業を始めたいという人には、週末農業がおすすめです。

    半農半X

    半農半Xとは、「塩見直紀」さんという方が提唱したライフスタイルです。

    半農半Xについて具体的に説明しますと、米や野菜などを作って食材を手に入れて時給する一方、農業以外に自分のやりたい仕事に携わる生き方であります。

    Xというのは、自分が本業としている農業以外の仕事・生業と認識していただいても問題ありません。

    半農半Xの形は様々で、自分で作った米や野菜などを自分で食べる人がいれば、自分で作った米や野菜などを売ってお金にする人もいます。

    人間らしい生活が送れるのが魅力として注目されている半農半Xですが、半農半Xに費やした分、農業以外の仕事の収入が減るというデメリットも持つのです。

    そのデメリットを理解した上で、半農半Xに参加する、参加を希望する人が多いと言っても過言ではないでしょう。

    農業バイト

    農業バイトは文字どおり、農家・農業法人でバイトすることを言います。

    インディードなどの求人サイトに、農業バイトに関する求人が多く掲載されています。

    意外にも「ダブルワークOK」や「副業OK」の求人も多いです。

    未経験者OKの農業求人もありますので、副業したいという名目で、農業をやってみたいという人は、農業求人に応募して農業を体験するのがおすすめであります。

    週末農業の始め方

    週末農業の始め方

    週末農業を始めたいけど、どうやって始めたらいいのかわからないと悩んでいる人は多いです。

    確かに、農業を副業にする場合、最初に行わなければならないのが、畑を耕す場所の確保であります。

    畑の場所を確保できなければ、野菜などの作物が作れないのは言うまでもありません。

    米を作りたい場合は、田んぼとなる農地も確保しなければなりません。

    農地を購入するとなると、大きな資金が必要となるのですが、実は手軽でかつ、簡単に始められる週末農業の始め方があります。

    週末農業の始め方は主に3種類あり、コストがあまりかからないのが共通しているのです。

    そこで、週末農業の始め方3種類を次に挙げて、特徴や魅力を解説していきます。

    市民農園

    市民農園
    市民農園とは、農業と関わりのない人を対象に、小規模農地のレンタルサービスを提供する農園です。

    小規模農地を利用したい人は、月額料金を支払うことで、指定された区画の農地を利用できます。

    市民農園を利用するメリットは、農具を持参しなくても参加できるというところです。

    市民農園のほとんどが、農具の貸し出しに対応しているので、わざわざホームセンターやスコップなどを購入する必要はありません。

    加えて、更新時でも同じ農地の区画で利用できるのも、市民農園の嬉しいメリットのひとつです。

    デメリットは、解約しないかぎり月額料金を払い続けることにあるのと、市民農園によっては農具の貸し出しに対応していない場合があるというところです。

    市民農園を利用したい場合は、農具の貸し出しの有無など、確認してから利用しましょう。

    市民農園は、畑を耕せるスペースがない人や、自分の力で野菜を育てたいという人にはおすすめです。

    シェア畑

    シェア畑
    シェア畑とは、農業に関する全面的なサポート・バックアップ体制が敷かれている、小規模農地のレンタルサービスです。

    上記の見出しで解説した「市民農園」の仕組みと似ていますが、市民農園は農具の貸し出しなど、一定のサポートがあるだけで、野菜は自力で育てて収穫するのが基本です。

    シェア畑は、市民農園と同様に農具の貸し出しに対応しているだけでなく、農業に関連する資材の貸し出しにも対応しています。

    野菜の種や肥料なども予め用意されており、さらに経験豊富な菜園アドバイザー、定期的な講習などがあります。

    シェア畑は、農業について全く未経験な人にはおすすめです。

    家庭菜園(自前)

    家庭菜園
    家庭菜園はその名のとおり、自分の土地で畑を耕し、野菜を育てて収穫することを言います。

    確かに家庭菜園は、市民農園やシェア畑を比較すると、料金はかからないですし、自由度も非常に高いのがメリットです。

    しかし、農具や資材、種や苗など、全て自分で用意しなければならないというデメリットもあります。

    自分の土地で畑を耕し、野菜を育てて収穫したいという人には、家庭菜園がおすすめです。

    農業の副業は儲かる?タイプ別の平均年収

    農業の副業は儲かる?タイプ別の平均年収

    農業の副業は儲かるのかと、多くの人は気になります。

    注目していただきたいのが、兼業農家、副業農家、専業農家という3種類の農家です。

    農家の種類によって平均年収にバラつきがあります、

    そこで、3種類の農家とタイプ別の平均年収を次に挙げて、解説していきます。

    兼業農家:516万円

    兼業農家とは、農業以外の仕事から収入を得ている農家のことを言います。

    兼業農家には、農業収入が農外収入(農業以外の収入)より多い場合は第1種兼業農家と、逆に農業収入が農外収入より少ない場合は第2種兼業農家という2種類があります。

    兼業農家の平均年収は516万円とされていますが、その内訳は、農業収入と農外収入など複数の収入または年収を合計に表したものです。

    確かに、兼業農家は農業以外の収入を確保しているので安定性はあります。

    農業しながら別の仕事で生計を立てるというライフスタイルは人気が高いのも、兼業農家の魅力です。

    副業農家:400万円

    副業農家とは、本業に携わっている人が副業として、農業に従事していることを言います。

    確かに、自分で育てた野菜を自分と家族で食べることができるので、食費の支出を抑えることが可能です。

    余った野菜は直売所などに卸して販売し、副業収入を得ることもできます。

    副業農家の平均年収は400万円ですが、農業の収入が少なく、本業の収入が多いのが主な理由です。

    節約と副業を兼ね備えた副業農家という一面を持ちます。

    専業農家:633万円

    専業農家とは文字通り、農業のみに従事して収入を得ている農家のことを言います。

    専業農家の平均収入は633万円となっていますが、実は農家によって収入にバラつきがあります。

    野菜を育ているだけでなく、牛などを飼育する酪農の仕事も従事している農家もいるからです。

    しかし、育てた野菜がうまく育たず、出荷できないとして収入がゼロになるというケースもあります。

    反対に豊作であれば収入アップは可能です。

    最初は稼げませんが、安定的な出荷ができれば、安定した収入も得られます。

    農業よりも稼げるおすすめの副業

    農業よりも稼げるおすすめの副業

    農業で収入を得るには、アルバイトを除き、時間がかかります。

    その間に農業収入がゼロとなり、専業農家となれば、なおさらです。

    そこで、農業よりも稼げるおすすめの副業を3つ紹介いたします。

    その副業の共通点は、登録料は無料で、高収入が目指せるというところです。

    なお、ここで紹介する以外で稼ぎやすい副業は「簡単な副業」のページで紹介しています。

    スマホdeマネー

    スマホdeマネー

    こちらは、当サイト「副業オタク」がおすすめする、スマホひとつでできる副業です。

    LINEで登録することから始め、LINEを経由して送られる情報を基に作業するだけです。

    専門的な知識とスキルは必要ないのですが、月収100万円以上が目指せるという魅力的な面があります。

    農業を始めるための資金調達先に利用してもいいですし、農業でつなぎとして、この副業を活用すると良いでしょう。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    トレンドナビゲーション

    トレンドナビゲーション
    こちらは、スキマ時間を有効活用した副業です。

    LINEで登録しなければ始められないのですが、実はこの副業は「副業紹介サイト」という一面を持ちます。

    登録したLINEを経由して、副業に関する情報が送られます。

    どのくらい稼げるかは副業次第です。

    中には大きな稼ぎが期待できる副業もあるので、気になる人は是非、足を運んでみてください。

    \コツコツ稼げる!/

    トレンドナビゲーションに
    今すぐ登録する!

    マネーバンク

    マネーバンク
    こちらは「副業オタク」おすすめ副業のひとつで、月収100万円以上が目指すことが可能です。

    スマホひとつでできる副業で、LINEで登録し、LINEを経由して送られる情報を基に作業するだけです。

    特別な専門的知識やスキルは必要としません。

    大きな稼ぎがしたいという人には、この副業がおすすめです。

    \幅広い世代に対応!/

    マネーバンクに
    今すぐ登録する!

    農業の副業でよくあるQ&A

    農業の副業でよくあるQ&A

    副業で農業の副業、気になる点が多く出てくるでしょう。

    よく聞かれる気になる点は2つあります。

    その2つを次に挙げて、Q&A方式で解説していきます。

    確定申告は必要ですか?

    必要な場合があります。

    副業で得た収入が年間20万円未満だった場合、確定申告は不要です。

    反対に、年間20万円以上の収入だった場合、確定申告を行わなければなりません。

    認可や登録は必要ですか?

    農家の種類によります。

    市民農園やシェア畑の場合、始めるにあたって、認可や登録は基本的に必要ありません。

    副業を目的に農業を行うなら、小規模農地で十分と言えるでしょう。

    農地を借りる、または購入する場合、農業に関する様々な認可や登録が必要です。

    どのような認可や登録が必要なのかは、新規就農相談センターや農協などに相談しましょう。

    【まとめ】農業の副業は稼げる?

    【まとめ】農業の副業は稼げる?

    農業の副業は稼げるのかについて紹介しました。

    確かに、副業での農業は稼げると言っても過言ではありません。

    しかし、安定的に稼げるまでには時間がかかります。

    野菜などの農作物を育て、出荷できるまでに時間がかかるのが理由です。

    その間に本業の収入に頼って現状維持するか、別の副業を模索しなければなりません。

    当サイト「副業オタク」がおすすめする副業であれば、農業よりも安定的かつ高い稼ぎが目指せるからです。

    興味がありましたら是非、参考にしてみてください。

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *