月20万稼げる副業5選!3つのポイントと注意点も解説!

    副業ブームの中で、本業のかたわらで新たに副業を始める人が増えています。

    副業に取り組むことで本業の収入を補ってより豊かな生活を送ることが期待できるのですが、税金関係の話についてよく分からないまま始めてしまっている方も多いのが実情です。

    特にサラリーマンの方などでは確定申告にあまり詳しくないということも決して珍しくありません。

    そして副業の税金や確定申告について調べている中で、「20万円」というキーワードが気になったという方も多くいることでしょう。

    そこでこの記事では、副業でよく聞く20万円以下の意味やポイントなどについて解説いたします。

    結論から言うと

    • 副業で20万円以上稼ぐと確定申告が必要になる。
    • 20万円を超えて、納税をしないと脱税になるので注意が必要。
    • もちろん、20万円も稼げる副業はなかなかないので、副業選びが重要になる。
    • 月20万円稼げる副業選びのポイントは「手軽・確実・安全」の3つ。
    • 上記3つのポイントを抑えていて、最近話題の副業が「スマホ副業」。
    • 当サイト「副業オタクおすすめの副業はこちらの記事でたくさん紹介しているので、今すぐチェックしてみましょう。
    副業BLOG   →副業オタクおすすめのスマホ副業はこちら

    \副業オタクおすすめ!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    副業でよく聞く「20万円以下」の意味とは

    副業でよく聞く「20万円以下」の意味とは

    そもそも副業においてよく聞く「20万円以下」とは、副業で得た収入が確定申告の対象となるか否かを判断するための基準のことです。

    例えば本業で給与を得ながら副業で年間20万円超の雑所得を得た場合、確定申告をする必要があります。

    しかし副業で得た雑所得が年間18万円だった場合、確定申告をする必要はありません。

    このように、確定申告が必要か否かを判断するためのボーダーが、「20万円以下」かどうかなのです。

    納税は国民の義務であり、副業で一定の収入を得ているのであればきちんと確定申告を行わなければなりません。

    副業で20万円を超えたら確定申告が必要?

     副業で20万円を超えたら確定申告が必要?

    「20万円以下」が副業の確定申告要否におけるボーダーだということを説明しましたが、正確な判断のためにはもう少し詳しく理解をしておく必要があるのです。

    そこでここでは、20万円以下」で確定申告が不要かどうかを判断するためのポイントについて解説いたします。

    「利益」で超えたら必要

    20万円以下かどうかを判断するための金額は、副業で得た報酬全てではなくあくまでも利益を確認する必要があります。

    つまり、副業で得た報酬や収入から、経費を引いた金額で判断するのです。

    例えば副業で年間23万円を稼いだとしても、副業のため交通費として年5万円かかったようなケースでは、23万円(収入)-5万円(経費)=18万円(利益)となり、確定申告は不要となります。

    あくまでも経費差し引き後の利益で判断するということは、念頭に置いておくべきでしょう。

    20万円ちょうどまでは不要

    そしてもう一つ明確に知っておくべきことが、ボーダーはあくまでも「20万円以下」であるため、利益が20万円ちょうどまでなら確定申告が不要であるということです。

    つまり、200,001円以上の利益を出して初めて確定申告の対象となります。

    細かい話ではありますが、税金に関わる話には一定の正確性が求められるため、あいまいなままにしておかないようにしましょう。

    もし20万円ギリギリでどちらが正しいのか不安という場合は、確定申告をしてしまうか税理士に相談するかした方が無難です。

    副業で20万稼ぐかかる税金はいくら?

     副業で20万稼ぐかかる税金はいくら?

    ここでは、副業で20万円超稼いだ場合にかかる税金の目安について解説いたします。

    税金の計算において大きなボーダーとなる年収103万円を境に、ここでは解説していきましょう。

    年収103万円以下

    例えば主婦などで本業収入がない方が副業をした場合、年収103万円以下であれば税金はほとんどかかりません。

    年収と税の関係では、「103万円の壁」というものが存在し、103万円以下であれば所得税がかからないのです。

    一方住民税の課税対象かどうかを判断するための年収は98万円ですので、年収98万円を超えると一定の住民税は支払う必要が出てきます。

    ただし103万円以下であれば住民税がかけられたとしても年間1万円にも満たない程度の金額ですので、安心してください。

    ただし、本業で年収がある場合には副業をすることで税金の増加が予想されます。

    例えばサラリーマンで年収300万円の人が副業で収入を得た場合、副業収入50万円で5~10万円程度、副業収入100万円で10~15万円程度の増税(住民税+所得税)が考えられるため注意しましょう。

    年収103万円超

    一方で副業の年収が103万円を超えると住民税と所得税の両方が課せられることとなります。

    ただし本業の年収との兼ね合いによって金額は大きく変わるため一概にいくらだと言うのは困難です。

    先程お話しした年収300万円サラリーマンのケースで考えると、副業収入150万円で15~25万円程度、副業収入200万円で20~30万円程度の増額が考えられるでしょう。

    月20万円稼ぐのにおすすめの副業5選

     月20万円稼ぐのにおすすめの副業5選

    ここからは、副業で月に20万円稼ぐたにおすすめできる副業を5つご紹介いたします。

    しっかりと稼げれば税金も怖くありませんので、ぜひとも取り入れてみてください。

    また、ここで紹介する以外でおすすめのビジネスについては「おすすめの稼げる副業」のページをご覧いただけたらと思います。

    スマホdeマネー

    スマホdeマネー

    スマホdeマネーは、スマホを使った作業でスキマ時間に稼いでいくことができる、当サイトが特におすすめする副業サービスです。

    スマホを使った作業で月収100万円もめざせるため、公式サイトには以下の様に利用者からの声が寄せられています。

    • 高級車を購入
    • 財布の中には常に100万円
    • 日本を離れて海外生活
    • 毎月行ける海外旅行
    • 欲しいものを我慢しない

    始めるにあたって難しい・面倒な手続きも一切なく、公式サイトからLINE登録するだけで副業を無料紹介してくれます。

    副業を始めるにあたって「何から始めてみようかな…」と考えている方は、下記が公式サイトのリンクですのでとりあえず登録してしまうのがおすすめでしょう。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    マネーバンク

    マネーバンク
    100万円以上も目指せる副業と言えば、マネーバンクもおすすめです。

    マネーバンクはスマホ1台で最短30秒からできる副業を紹介してくれるサービスであり、スタートしたその日から稼げて翌日出金も可能な即金性も大きな魅力の一つだと言えます。

    • パソコンやネットが全然分からない
    • 今すぐに副業を始めたい
    • 仕事や遊びの間に稼ぎたい

    上記のように様々な要望を持った方にも最適なサービスです。

    「自分にもできるかな…?」と悩んでいる方も、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

    \幅広い世代に対応!/

    マネーバンクに
    今すぐ登録する!

    Everyday

    Everyday

    Everydayは9割以上の人が即日収益を発生させている、注目の副業サービスです。

    空いた時間に取り組んで1日1万円も決して無理ではないため、本業で時間のない方でも取り組むことができるでしょう。

    「1円でも稼げなければ全額返金します!」との記載が公式サイト上にあり、稼ぎやすいサービスであることがうかがえます。

    • 集客が要らない
    • どこでも操作できる
    • 操作も簡単
    • スキマ時間に取り組んでOK

    上記のように本業で忙しい方にも最適と言える条件が整っており、ちょっとした時間を利用して着実に収入を増やしていきたいと考える方には強くおすすめできるでしょう。

    \即日稼げる!/

    Everydayを
    今すぐ確認する!

    Webライター

    クラウドワークス

    着実に収入を増やしていきたいと言う方には、Webライターも注目の副業です。

    Webライターとはインターネット上のサイトやブログなどに掲載する文章を作成する人たちのことであり、インターネットが多くの人にとって身近な存在となっている現代ではその需要も高まっています。

    現在では「クラウドワークス」や「ランサーズ」などといったクラウドソーシングサイトを利用することで比較的簡単にクライアントとマッチすることが可能です。

    基本的には書いた文字の分だけが収入となるためある程度まとまった時間が必要になりますが、スキルを付けつつ確実に稼いでいきたいと言う方にはおすすめできるでしょう。

    アフィリエイト

    ワードプラス
    インターネットを使った副業として、現在ではアフィリエイトが根強い人気を誇っています。

    アフィリエイトとは自前のブログやサイトを作って広告を掲載し、広告をクリックされたり広告経由で商品・サービスが売れたりすることで収益が発生するビジネスです。

    一旦広告から収益が出るようになるとその後は不労収入のような形で収益を得ていけるのが大きな魅力ですが、肝心のサイト・ブログ構築がとても難易度が高く手間なのが難点と言えます。

    そのため、多くの人は広告を載せるまでにもいたらず挫折していってしまうのです。

    そこで、これからアフィリエイトを始める方にはWordPlus(ワードプラス)というブログ作成代行サービスを使うことをおすすめします。

    WordPlusは面倒なサイト構築やイラスト制作などを一から代行してくれるサービスであるため、挫折することなくアフィリエイト収入発生までつなげることが期待できるでしょう。

    \簡単にサイトを作れる!/

    WordPlusを
    今すぐ確認する!

    副業で月20万円稼ぐときの注意点

    副業で月20万円稼ぐときの注意点

    ここでは、副業で月に20万円稼ぐ時の注意点について共有いたします。

    多くの人に注意いただきたい点に厳選していますので、チェックしてみてください。

    扶養控除が外れる

    主婦の方にご注意いただきたいのが、一定の年収を超えることで夫の扶養控除から外れる可能性があることです。

    現在は法律が改正されましたが、それでも年収150万円を超えてしまうと、配偶者控除をうけることができなくなってしまいます。

    月収20万円稼いでいくと8ヶ月で年収150万円を超えてしまうため、注意しましょう。

    住民税で会社にバレる恐れがある

    会社に内緒で副業をしている場合、確定申告することで住民税額が変化し、会社にバレてしまう可能性がる点にも注意が必要です。

    会社員の場合住民税は毎月の給与から天引きされているため、会社は住民税額を把握することができます。

    そのためあまりに住民税が多いと「副業してるんじゃないか」とバレてしまう可能性があるのです。

    少々増えた程度ではまず分からないでしょうが、副業を頑張りたい場合には注意が必要でしょう。

    【まとめ】副業でよく聞く「20万円以下」の意味とは

    副業でよく聞く「20万円以下」の意味とは
    副業をする場合、副業の利益が20万円以下であれば確定申告する必要がありません

    しかし副業の収入が増えていくにしたがって税金も増えていくため、しっかりと確定申告することが求められるのです。

    大きく稼ぐことができれば例えば税金を引かれても心配ありませんので、今回ご紹介したスマホdeマネーなども活用いただき、副業で豊かな生活をゲットしましょう。

    \今話題の副業!/

    人気急上昇中の
    オススメ副業はコチラ!

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *